未経験からでも働いてスキルを身に付けることができる職業

昔から行われている

戦争などが始める原因だった

障害者雇用は障害者の生活が普通の人と同じようにおくれるように雇用を促進する法律などが制定されてはじまりました。元は戦争が原因でした。当然戦争では多くの怪我人が出て障害者になってしまう人も多数いました。もちろん福祉で対応する方法もありましたが、ヨーロッパで起きた第一次世界大戦の後に多数の怪我人が出てしまった時に、フランスやドイツでは軽いものなら何パーセントで重いものなら何パーセントという風に障害者雇用をすでに行っていました。日本でも太平洋戦争の後に多数の障害者が出た時に積極的に雇用するように法律で定められました。これは国のために戦った人が障害の為に最低限の生活がおくることが出来なくなってはならないというところから制定されています。

今後はどのように変化していくか

障害者雇用はこれからますますいい方向に変わっていかないといけません。 これには国と企業が一体感を持って進めていかないといけません。企業はできるだけいろいろな職種に雇えるような努力をしていく必要がありますし、国は企業が雇いやすいような制度をきちんと整備してあげる必要があります。 あと数年で精神病の障害者雇用も法律化されます。これは怪我などによる雇用とはまた違った難しさがあります。 どこまでの人を採用していくのかなど考えていかなくてはいけない問題もあります。また障害者雇用に関して未達の企業がまだまだ多いというのも今後の課題になります。しかしいろいろな議論をしていい方向に向かっていこうとしていることは非常にいいことです。

Copyright (c) 2015 未経験からでも働いてスキルを身に付けることができる職業 all reserved.